②IFTTTサービス・アプレット設定

2017年11月26日

IFTTTを利用するには、sRemo用クラウド(sCloud)への情報登録が必要です。
大きくは以下の手順で登録を行います。

(1)IFTTT内のsRemoサービスへ登録
(2)IFTTT内のアプレットへ利用設定

【注意】IFTTTの利用はsRemoは屋外から利用できることが前提となります。屋外からの利用設定ができていない方はブロードバンドルータの設定をお願いします。

(2)のアプレットは今回の説明はGoogleHomeの「テレビつけて」と言うとリモコンを送信する設定を説明します。アプレットは多くありますので、用途により設定してください。また、自分でアプレットを作ることも可能です。
以下から各工程のやり方を説明します。

(1)IFTTT内のsRemoサービスへ登録
(1-1)IFTTTサイトへアクセスし、右上の「Sign Up」(ユーザ作成)をクリックます。
(IFTTTユーザアカウントがすでにお持ちの方は「Sign In」してログインしてください)

(1-2)作成するアカウント種別を選びます。GoogleアカウントやFacebookアカウントを利用する方はそのボタンを押してください。それ以外のメールアドレスを利用する場合は下にある「sign up」
をクリックしてください。
今回は、GoogleアカウントやFacebookアカウント以外のアカウントの作成例とし、以下のフォームとなりますのでメールアドレスとパスワードの入力して「Sign Up」をクリックします。

(1-3)自動でログインされ、IFTTTから通知が来るアプレットがONとなるアニメーションがありホームとなります。

以下がホーム画面です。

(1-4)ログインした状態でsRemoのサービスを検索します。

(1-5)sRemoサービスを選択して、Connectをクリックします。
sRemoサービスを選択します。

Connectをクリックします

(1-6)sCloudに接続されますのでsCloudにて「承認」を選択します。
(ログインしない場合はsCloudにログインしてから承認してください。ID、Passwordは「①sRemo用クラウド(sCloud)への情報登録」で作成したアカウントです。)


以上でサービスへの登録が完了しました。

(2)IFTTT内のアプレットへ利用設定
今回の説明はGoogleHomeの「テレビつけて」と言うとリモコンを送信する設定を説明します。
(2-1)アプレットを探す。IFTTTのSearchから「sRemo」を入力して、sRemoサービスを選択してください。

(2-2)サービスの下にアプレットが表示されますので、GoogleHomeのアプレットである「Say a phrase to GoogleHome, then send Signal of sRemo」を選択してください。

(2-3)アプレットの真ん中のスライドスイッチをクリックし「Turn On」すると設定画面が開きます。

GoogleHomeに伝えるフレーズを入力します。今回は「テレビをつけて」と言ってGoogleHomeが認識すれば「テレビをつけました」と言う設定です。

登録したsRemo識別子を選択し、送信したいリモコン番号を設定してください。

最後に「Save」を設定して完了です。これで、アプレットの設定が可能となりましたので、GoogleHomeの「テレビつけて」と言うとsRemoのリモコン信号を送信できます。

【注意1】
複数設定については、IFTTTはsRemoアプレットを一人の方が複数設定できないようです。
複数の設定を行いたい場合は個別に「NewApplet」で「If This Then That」でThis(トリガー)でGoogleAssistantを選択しJapaneseで日本語を登録し、That(アクション)でsRemoのリモコンを設定する必要があります。

【注意2】
マクロボタンについてはスマホと連携して実現しているため、IFTTT連携時に動作が提供できておりません。
次期版以降での改善となります。

Posted by socinno


PAGE TOP